四国溶材で働く人々

営業部 新居浜営業所 近藤佑
近藤佑
営業部 新居浜営業所

先を見通した

素早くベストな提案で

ものづくりを支える。

●念入りな準備と、先を見据えた行動を

営業はお客さまのもとを訪れ、困りごとを聞き出すところから始まります。こちらから商品を提案する他に、現場の方から「こんなものが欲しい」という依頼を受けて納品することもあります。そのため、使用している製品や、継続的に使われているガスや溶接ワイヤなどの在庫を把握し、いつでも用意できるようにしています。
営業では前持った準備が肝心で、管理能力は磨かれていると思います。提案の際には見積もりやカタログといった、判断に必要とするものを先回りして考え、商品を届ける時も段取りを決めて、危険な所の確認から設置する位置に至るまで、細かいところを突き詰めます。さらに納品して終わりではなく、その後の活用状況の確認も必ず行います。複数の会社と競合して提案することもありますが、こうした丁寧な対応を評価していただくことで、四国溶材を選んでもらえています。

近藤佑

●営業だからこその思いがけない出会い

近藤佑

営業はお客さまと接する機会が非常に多いです。訪問する企業も多様で、いろいろな人に出会えます。時には社長のような、普通では会えない方とも直接話すことができ、仕事への考え方や社員への気遣いなど、自分では思いも寄らない貴重な話やアドバイスをいただけることがあります。まさに営業の楽しさです。
営業として一番大切なことは、お客さまとの関係づくりだと思います。違う立場の方と仕事を進めることになりますが、営業を始めたばかりの頃は自分のことで精いっぱいで、相手の立場を考えていませんでした。多くの方と会話を積み重ねることで、言葉にも気を配るようになり、細かいニュアンスまで考えたり、確認したりする習慣が付き、相手に寄り添って考えられるようになりました。こうして培われたコミュニケーションの力は、広い場面で支えになっています。

●仕事を通してものづくりを支える

近藤佑

私は家系的に、子どもの頃から、ものをつくる人々の姿を見てきました。ものづくりにある種の憧れがあり、いつか支える立場になりたいと考えていました。当社にはそれができる場があります。
営業の仕事は、商品や技術に関する広い視野を持って、最適な提案をしてお客さまを支えることです。当社はメーカーとしての豊富な商品に加えて、高度な技術を有しており、専門的な話に関しても社内で協力しながら解決できます。通常は、お客さまから問題を報告されれば、メーカーへ問い合わせたり、外部に相談したりと、かなり時間がかかりますが、当社では研究開発部の方と一緒に現場へ出向き、原因の究明から解決策の提案まで、一貫して素早く実行できます。こうした当社の長所を生かして、満足していただける仕事を心掛け、ものづくりに貢献できるように努力します。